2015年4月28日火曜日

今日のUS特許英文

今日はUS特許の請求項から学びましょう〜

1. A laser-radiation sensor, comprising: a copper substrate; an oriented polycrystalline buffer-layer deposited on a surface of the substrate, the buffer-layer having a crystal-orientation at a first angle between about 10 degrees and about 45 degrees relative to a normal to the surface of the substrate; ..................; a radiation-absorber layer in thermal communication with the sensor-element; and first and second elongated electrodes spaced apart in electrical contact with the sensor-element. 

例えば、the buffer-layer having ....みたいに、構成要件のより詳しい説明を、関係代名詞を使うのではなくて、このように分詞で説明するのが、請求項で用いられる手法です。いかにも、特許請求項らしい表現です。

relative to 〜に対して、は、with respect toでも同様です。欧米人は結構relative to使いますが、日本人翻訳者にはwith respect toが圧倒的に多用されている、というのが私の実務上の実感です。どっちでもいいですけど。。。

in thermal communication with これは便利な表現ですね。

spaced apart (from each other) この表現は特許では「(互いに)離間する」という日本語の英訳として重宝します。









*********************************************************************************
当社は、お客様第一主義を貫き、高品質かつ良心的な価格にて翻訳文を提供させていただき、長く信頼関係が構築できる、翻訳会社を目指します。

0 件のコメント:

コメントを投稿